ホーム > LINK > よくある質問集

よくある質問集

ウェブサイト「中東Linkプラス」や会社ブログに掲載した中東Linkの提供サービスに関連する質問、中東言語取扱いの豆知識などを紹介します。

この他質問等ございましたら、ご気軽にお問い合わせください。: 電話 :042-313-7883 Eメール : info@chutolink.co.jp

中東言語の翻訳・DTP編集・現地情報など、時々あるお客様からの質問や疑問を集めました。

DTPに関する質問

普通の言語とアラビア語やペルシャ語など右から左に書く言語のレイアウトの違いを教えてください?

=>アラビア語やペルシャ語は文字を右から左に書くだけでなく、このようなレイアウト上の注意も必要です。詳細はこちらのリンク先まで

英語や日本語でレイアウトされたものをアラビア語やペルシャ語など右から左に書く言語に展開する際の注意事項はありますか?

=>文字を右から左に書くアラビア語やペルシャ語は、他の言語のレイアウトのまま文字を置き換える方法は利用できません。詳細はこちらのリンク先まで

自社で所有しているDTPソフトで中東言語の組版は可能でしょうか?

=>日本語版や英語版の組版ソフトでは、中東言語のDTPに対応できないことがあります。詳細はこちらのリンク先まで

かなり以前にPageMakerで作成されたDTPデータを扱うことができますか?

=>アラビア語のDTPデータであればPageMaker6.5 MEというバージョンかと思われます。このアプリケーションを使うにはMacintosh の MacOS9の環境が必要です。中東Linkでは現在もこの作業環境を残してありますので、フォントの不一致がなければ編集作業を行うことができます。 ただし、PageMakerのデータについてはできるだけ早い段階でInDesignなど新しいアプリケーションへの移行を推奨します。この記事をこちらのリンク先に取り上げております。

一般的にアラビア語のDTP編集で使用するアプリケーションソフトは何ですか?

=>昨今のアラビア語DTPで使用するアプリケーションの主流はAdobe InDesignです。中東LinkではこのMiddleEastバージョン(中東版)を使用してアラビア語のDTP編集を行います。なお、マニュアル類の多言語展開で使われることが多いFrameMakerですが、2015年6月にリリースされたバージョンからアラビア語やヘブライ語の対応が可能になりました。この記事をこちらのリンク先に取り上げております。

アラビア語の文書編集で目次や索引の制作を行う時の注意点はありますか?

=>目次作成の注意点はあまりありません。リガチャー(合字)の使用不使用などの違いで、言語有識者でない方が確認すると本文と目次が異なっているように見えることがあるかもしれません。これはネイティブにとっては全く問題になりません。一方、索引(INDEX)ですが、語句のアルファベット順並び替えなど、少々面倒な点がございます。この記事をこちらのリンク先に取り上げております。

文字に関する質問

翻訳依頼を受けた原文ドキュメントがアラビア語なのかペルシャ語なのかわかりません。何か簡単な見分け方はありませんか?

=>アラビア語とペルシャ語はほぼ同じアルファベットを使っていますので、ある程度の言語知識がないと見わけが困難です。しかし、それぞれの言語でしか使用されない文字がありますからその特徴がわかると区別がができないことはないと思います。詳細はこちらのリンク先まで

アラビア語やペルシャ語と似た文字で書く言語に、パキスタンのウルドゥー語というのがあるようですが、見た目で違いがわかりますか?

=>パキスタンのウルドゥー語はアラビア語ともイランのペルシャ語とも違う言語ですが、文字についてはほとんどをアラビア語アルファベットを使っています。しかし補いきれない発音や外来語系の音を表記する際アラビア語にもペルシャ語にもない文字を使います。詳細はこちらのリンク先まで

アラビア語のドキュメントで発音記号(シャクル/タシュキール)付きのものを作成できますか?

=>可能です。翻訳段階から発音記号を入れて入力することも、編集段階で発音記号を追加することもできます。こちらのリンク先でも発音記号に関する説明を掲載しています。

入力に関する質問

ワードを使ってアラビア語を入力する際の注意事項はありますか?

=>ワードは多くの人が文書作成に使用しているアプリケーションかと思います。OS上で言語設定を行えば、問題なく中東言語の入力も可能です。なお見落とされがちな入力時の注意事項としては、文字方向を右から左にし設定することなどがあります。こちらのリンク先でもワードでの文字入力に関する説明を掲載しています。

エクセルを使ってアラビア語やペルシャ語を入力する際の注意事項はありますか?

=>エクセルはリストや一覧表、用語集の作成などに非常に重宝するアプリケーションかと思います。そして、アラビア語やペルシャ語など中東言語の入力も可能です。ただし、これら右から左に記載する言語の取扱には、ソフト上のトラブルも多く注意が必要です。こちらのリンク先からスタートし数回に分けてエクセルと「右から左記載」言語の問題を取り上げてみました。

ペルシャ語の入力をする際の注意事項はありますか?

=>ペルシャ語には「スペースは入れないが、文字はつながらないようにする。」という特殊な入力パターンがあります。こちらのリンク先で更に詳細な説明を掲載しています。

数字に関する質問

翻訳会社にアラビア語やペルシャ語の翻訳依頼をしましたが、重要な数値くらいは自分たちでチェックをしたいと思います。数字の形を覚えるのは難しくないですか?

=>アラビア語もペルシャ語も数字の形を覚えるだけならそれほど難しくありません。ぜひトライしてみてください。中東に旅行などに行った際にも役に立つかもしれません。関心のある方はこちらのリンク先を参照下さい。

アラビア語やペルシャ語でドキュメントやWeb制作を行う場合、数字は普通の算用数字を使いますか?アラビア語やペルシャ語特有の数字でないといけませんか?

=>作成するドキュメントやWebサイトにもよりますが、昨今はどちらの数字を使用してもあまり違和感をもたれれません。ただし、同一文書内で表現方法が混在するのはあまり見栄えがよくありませんのでお薦めできません。また、算用数字とアラビア語(あるいはペルシャ語)の数字の両方を併記している例もありますが、読み手にとってはいずれかの数字で表記してあればほとんど併記の必要はありません。こちらのリンク先でも説明を掲載しています。

アラビア語の桁区切りカンマや小数点はどんな形をしていますか?

=>アラビア語の数字の場合、カンマや小数点は一般的な算用数字とは違う形になります。関連記事をこちらでも紹介しています。

ペルシャ語の桁区切りカンマや小数点はどんな形をしていますか?

=>ペルシャ語の数字の場合、カンマや小数点は一般的な算用数字とは違う形になります。関連記事をこちらのリンク先でも紹介しています。

テキスト入力の際、どうしてもアラビア語やペルシャ語の数字にしなければいけません。どのようにすれば数字の入力方法を変えることができますか?

=>アラビア語やペルシャ語の数字を入力する方法は、Windowsシステムの場合コントロールパネルの言語などの設定変更から行うか、文字コード表(Character Map)から該当数字をコピーしてくる方法などがあります。こちらのリンク先で説明したします。

翻訳に関する質問

アラビア語の翻訳文の中でもm(メートル)やkg(キログラム)などのSI単位をそのまま使うことができますか?

=>翻訳文の中でもSI単位を残すことは可能ですが、全体的な傾向としては単位表示は翻訳された形で表記することが多いようです。こちらのリンク先でもこの話題を取り上げました。

アラビア語を機械翻訳することはできますか?

=>昨今はアラビア語でも機械翻訳ソフトと呼ばれるものがあります。しかし、実際にそれらを使って翻訳案件の成果物にすることは難しいのが現状です。こちらのリンク先でもこの話題を取り上げました。

翻訳されたアラビア語を確認していて原文にある数字の2が見当たりません。翻訳に問題はないでしょうか?

=>アラビア語の文法には「双数形」という「2つ~」の意味を持つ単語の形があって、それを使うため数字が文中に現れないのです。こちらのリンク先でも紹介しております。

同じ英語なのに翻訳されたアラビア語の形が違います。何故でしょうか?

=>多くはアラビア語の言語特性によるものと思われます。(1)数によって名詞の形が変わる。(2)リガチャー(合字)によって単語の形が変わって見える。(3)定冠詞や前置詞の結合によって単語の形が変わって見える。などがその理由になるかと思います。こちらのリンク先からスタートし数回に分けて同種の説明を掲載しています。

アラビア語やペルシャ語ではよく使われる記号類の形も変わりますか?

=>代表的な記号類で他の言語と形が変わるのは「?(クエスチョンマーク)」です。アラビア語やペルシャ語では逆向き「؟」このようになります。形だけでなく置かれる位置も変わることがあります。これらの例をこちらのリンク先で取り上げました。

アラビア語は広い国や地域で使われていますが、翻訳の際は各国での違いを使い分けるのですか?

=>それぞれに地域で話されているアラビア語をアーンミーヤ(いわゆる方言)と言います。しかし、書き言葉はアラビア語圏ではすべて共通でフスハー(いわゆる正則標準語)を使用します。そのため国や地域ごとで翻訳を使い分けることはありません。同様にWindows OSや翻訳支援ツールTradosなどにも言語設定の中にArabic(##国)のような設定分けがありますが、使い分けにはあまり意味がありません。この例をこちらのリンク先で取り上げました。

アラビア語やペルシャ語など右から左に書かれる言語の中に英語などが併記される場合の問題点はありますか?

=>例えば英語コラム・アラビア語コラムの用にコラムが別れている場合は、あまり問題がありません。しかし、文中にアラビア語の文字列と英語の文字列が混ざるような場合は少し注意が必要です。こちらのリンク先で一例を紹介しています。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)を使ったXML文書などの翻訳には対応していますか?

=>当社ではXML文書の翻訳にはTrados Studioを使用して対応しています。ただしTradosを使用して翻訳を行っても、右から左に文字の流れる中東言語では生成された翻訳の表示が正しく反映されなケースがあります。特にアラビア語(ペルシャ語)と欧文文字や記号類が併記になった場合不具合が発生しがちです。そう言った理由からPDFやHTMLなどへの生成後の校正が必要であると考えます。

液晶画面や製品本体上の限られた文字数・領域で翻訳することができますか?

=>一般にOSD(On Screen Display)とかUI(User Interface)などに分類される翻訳対象になるかと思います。基本的に対応は可能ですが、アラビア語ではいわゆる省略形(例えばMinuteをMinとするような)を使用できませんので、どうしても領域内の対応が困難な場合があります。こちらのリンク先で一例を紹介しています。

翻訳可能なファイル形式を教えてください?

=>数多くの翻訳対象ファイルの形式に対応しています。ワード・エクセル・パワーポイントなどのMicrosoft Office系のデータ形式、InDesignのINX、IDML形式、IllustratorのAI形式などのAdobe系ソフトの形式、その他XMLやHTMLなどは多く取り扱う形式ですが、その他のファイル形式についてもご相談下さい。

留学に関する質問

大学での履修や海外留学以外の方法でアラビア語を学習できるところはありますか?

=>日本国内の大学では東京外大・大阪大などがアラビア語では有名ですが、社会人の方でもアラビア語の学習機会を得ることはできます。このリンク先でもこの話題を取り上げました。

他にもアラブイスラーム学院ディラ国際語学アカデミー拓殖大学オープンカレッジ外国語講座などでも学習可能です。

アラビア語の学習でおすすめの留学先はありますか?

=>中東Linkはアラビア語の留学の支援業務も行っています。以前はシリア・エジプト・チュニジアなどの留学先としての選択肢が有力でしたが、近年は治安・情勢などの点で留学先選びも色々と難しくなっています。 中東Linkの留学支援プログラム「Arabic Council」もぜひ留学先の一候補に入れてみてください。

アラビア語留学プログラムでは、企業研修なども取り扱っていますか?

=>お仕事でアラビア語の習得が必要な社会人の方のための留学プログラムをアレンジすることも可能です。全くアラビア語の学習経験のない方でも参加できるプログラムをアレンジすることはできますが、少しでも現地での学習効率をアップするためには、文字や基礎文法などはできるだけ留学前に学んでおくことを推奨します。

留学プログラムへの参加には年齢制限や参加資格等が必要ですか?

=>参加資格や年齢制限は特に設けておりません。ただし未成年の方に保護者の同意書を提出頂いております。また、反社会的な思想を持った方やそういった団体に所属されている方のプログラム参加はおことわりしています。

中東出張に関する質問

アラブ圏へ出張に行くことになりました。アラビア語は全くできませんが大丈夫でしょうか?

=>出張先にもよりますが、ドバイのあるUAEを代表とする湾岸諸国では、英語だけでも出張時に困ることはほとんど無いかと思います。 ただし現地の自国民の方とのより深い関係を築くには、やはりアラビア語を介すると介さないでは差が出てくるように思います。例えば日常の挨拶「アッサラーム・アライクム。(時間や相手に関係なくいつでも使える挨拶です。意味は、「あなた達に平安がありますように」)と「シュクラン・ジャジーラン」。(意味は「Thank you very much!」)くらいは是非覚えておいて下さい。

中東への出張で、治安や宗教の違い以外に気をつけなくてはいけないことはありますか?

=>中東やヨーロッパで感染が広がっている。MERS(新型コロナ)ウィルスによる感染症にもご注意下さい。 少し古いですがこのようなサイトもあります。ご参照下さい。 また、Wikipediaさんにも解説されています。 季節に関係なく感染の可能性があるようですので、よくご用心下さい。

中東では何曜日がお休みなんですか?

=>まず、イスラムの休日である金曜日が休みです。もう一日は昨今の傾向では土曜日を休日にするところが多いようです。中東地域の暦に関する記事をこちらのリンク先で取り上げました。